相当な過失の割合を客観的に決めさせます

事故があった場合自らが事故の被害者の場合でも、相手が責任を一切受容しない場面はたくさん存在します。

一例として、しようとして起こしたかったのではなく不注意で相手の車を追突した場面などに、そうした言い争いにうつってしまう場面があります。

とは言ってその場所で自動車のみの損害対応され、後で体の変調が現れた際に病院の参考になる診断書警察署に提出するのでは後手に回るのは仕方がなくなります。

それならば、自動車での事故の過失割合の取り決めにはどういう風な物差しが決まっているのでしょうか。

厳密に言いますと、警察が認定するのは核として自動車事故の大きな落ち度が存在するのはAかBかという責任の有無であり、過失の割合というわけではないのです。

その上、明確にされた責任者が警察から明らかにされる事は事は全くありません。

「過失割合」は当事者のやり取りによって決められその事が自動車事故の賠償の基準となります。

この時、双方共に自動車任意保険に加入していなかった状況では当事者がじかに調整するしかありません。

しかし、当然ながらそういった方法では、短絡的な口論になる可能性があります。

その上、互いの主張に相違があれば万一の場合、裁判沙汰にまでもつれ込みますが、これは貴重な時間と裁判費用大きな無駄は避けられません。

ですから多くの状況で、お互いのドライバーについている自動車の保険会社、このそれぞれの自動車の保険会社に協議を任せるやり方を用い、相当な過失の割合を客観的に決めさせます。

その時には、自動車保険の会社はそれまでに起こった車の事故の訴訟の判定から計算した認定基準、判断例を土台として、想定と相談によって割合を導き出します。

そうは言っても、車の事故のケースでは、遭遇したのか起こしたのかの如何を問わず、とりあえず110番に連絡するのが鉄則です。

その後、自動車の保険会社に電話してその先の協議を一任するのが順序になります。

手続きさえ知っていれば、互いの不毛な交渉への展開を未然に防止できます。

Link

Copyright © 1996 www.eleflightrecords.com All Rights Reserved.